施設概要
利用案内

ボランティア
豊田のホタル

体験学習
企画展
テーマ展

特別講演会

サポーター専用掲示板

パンフレット
リンク
当館は、下関市立唯一の自然史を扱う博物館です。ホタルだけではなく、下関市の動物、植物、化石、岩石に関する展示や教育、調査・研究を行っています。


Twitterをはじめました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

←運用方針はこちら(PDF)

展示物・収蔵物をより詳しく紹介するページです。

どうぞ、こちらからご覧ください→

【冬季企画展】 岩石薄片の作り方と見方

>>期 間: 平成30年12月21日(金)〜平成31年3月31日(日)
>>場 所: 常設展示室内
>>内 容:岩石の薄片の作り方や見方を説明するとともに、下関で見れる代表的な岩石の薄片を展示します。

次回企画展のご紹介
【春季企画展】 身近な魚の脳

>>期 日: 4月5日(金)〜5月26日(日)
>>場 所: 常設展示室内
>>内 容:身近な魚の脳について、標本とパネル等でわかりやすく紹介。

次回テーマ展のご紹介
【春季テーマ展】 下関の常緑樹の葉と葉脈

>>期 日: 4月12日(金)〜5月26日(日)
>>場 所: 常設展示室内
>>内 容:下関でふつうに見られる常緑樹の葉とその葉脈について標本主体で紹介。

NEW 2019年の体験学習イベントカレンダーができました(2019.3.14)
 
2019年度の体験学習イベントカレンダーができました。詳細はこちら↓よりご覧ください。

←チラシのPDF


2月24日(日)について(2019.2.17)
 
「自然史体験の日」を開催する2月24日(日)は天皇陛下御在位30周年の慶祝事業として入館料が無料です。
また、常設展示室で毎日実施しております「チャレンジクイズラリー」もその日だけお休みさせていただきます。


第1回自然史体験の日(2019.1.28)
 
期 日 : 平成31年2月24日(日)9:45〜16:15
場 所:多目的ホール
内 容:さまざまな身近な自然を体験・実験しながら学ぶイベントです。

←第1回自然史体験の日のチラシPDF


第29回特別講演会について(2018.11.30)
 
タイトル: 左巻きカタツムリの謎を「右利きのヘビ」で解く
講 師:細 将貴先生(東京大学院理学系研究科特任助教)
期 日:平成31年1月27日(日)13:00〜14:30

←講演チラシのPDF


自然ガイドシリーズが100シリーズまでできました(2018.10.7)
 
下関の自然について紹介した当館オリジナルの冊子(販売は電子書籍のみ)が100シリーズまでできました。


雑誌『とよたの』(2017.5.27)
 
豊田のことやホタルのこと、そして半世紀のホタル祭りについてわかりやすく紹介した雑誌『とよたの』が刊行しました。
ホタル祭り会場や道の駅で販売しています。

価格:500円

←No. 190もご参照ください


▲下関市豊田町のホタル舟(2017年6月18日)の映像です。
今年のホタル舟最終日に乗船して撮影した映像です。
※上の映像が見れない場合は、こちら(YouTube:下関市広報広聴課)をご覧ください。


豊田ホタルの里ミュージアム
〒750−0441 
山口県下関市豊田町大字中村50-3
電話:083−767−0350 FAX:083-767-0355
E-mail: thm16*city.shimonoseki.yamaguchi.jp

※お手数ですが、*印のところに@を入れてください。

【1-3月の観察会】

ホタルミミズの観察会
・期日:1月19日(土)
・内容:発光するミミズを観察します。
※終了しました。
-------------------
ヤツメウナギの観察会
・期日:3月21日(木・祝)
・内容:スナヤツメの生息地で幼体や成体を観察します。
※定員に達しました。

------------------
タンポポの観察会
・期日:3月30日(土)
・内容:身近に生えているタンポポの種類や生態を学び、観察します。

-------------------
※2週間前から電話のみで受付します。先着順です。
-------------------
※くわしくは、過去の観察会の報告を参考にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【冬季企画展】 
岩石薄片の作り方と見方

>>期 間: 平成30年12月21日(金)〜平成31年3月31日(日)
>>内 容:岩石の薄片の作り方や見方を説明するとともに、下関で見れる代表的な岩石の薄片を展示します。
企画展の詳細
・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の活動記録

刊行物
(↑最終更新日:12/14)
豊田の実物図鑑




イメージキャラクター「ホタルン」
↑当館キャラクターです。名前は「ほたるん」といいます。

当サイト利用について


*写真・文書の無断複写・転写を禁じます。(C)2005 hotaru-museum All rights reserved