施設概要
利用案内

ボランティア
豊田のホタル

体験学習
企画展
テーマ展

特別講演会

サポーター専用掲示板
 
(↑最終更新日:2/5

パンフレット
リンク
当館は、下関市立唯一の自然史を扱う博物館です。ホタルだけではなく、下関市の動物、植物、化石、岩石に関する展示や教育、調査・研究を行っています。

▲下関市豊田町のホタル舟(2017年6月18日)の映像です。今年のホタル舟最終日に乗船して撮影した映像です。
※上のFlash映像が見れない場合は、こちら(YouTube:下関市広報広聴課)をご覧ください。



【夏休み特別企画@】 世界のカタツムリ

>>期 間: 平成29年7月7日(金)〜9月24日(日)
>>場 所: 常設展示室
>>内 容:世界の珍しいカタツムリ約150種と世界の淡水貝類約50種を一同に展示。

←No.192もご参照ください。

【夏休み特別企画A】 世界のカブトムシとクワガタムシ

>>期 間: 平成29年7月7日(金)〜9月24日(日)
>>場 所: 常設展示室
>>内 容: カブトムシとクワガタムシを標本と生体で展示します。体の右半分がオスで左半分がメスという珍しい雌雄型のヒラタクワガタとノコギリクワガタの標本をはじめ日本産クワガタ・カブトの大部分の種類も展示します。

【夏季企画展】 螢の心臓と蟲の心臓

>>期 間: 平成29年5月26日(金)〜9月10日(日)
>>場 所: 多目的ホール
>>内 容:ホタルをはじめとした節足動物(昆虫類、多足類、甲殻類、鋏角類)の心臓(循環器系)を標本主体で紹介。

←No. 188, 189もご参照ください。

【夏季テーマ展】 収蔵標本展 『蝶類U』

>>期 間: 平成29年5月2日(火)〜9月10日(日)
>>場 所: 多目的ホール
>>内 容:当館収蔵の蝶類標本の展示です。日本産蝶類の多くの種類を展示します(展示期間中に展示標本を入れ替えます。常時ドイツ箱47箱)。また、図鑑などでしか見ることができない世界の興味深い形態をした種類なども展示します。

NEW 第26回特別講演会のご案内(2017.6.23)
 
 第26回特別講演会を以下の通り、開催いたします。

1.演題:身近な昆虫、カブトムシの謎に迫る
2.講師:小島 渉 先生(山口大学理学部)
3.期日:平成29年8月27日(日)13:00〜14:30

←詳細はチラシをご覧ください(PDF)


NEW 雑誌『とよたの』(2017.5.27)
 
豊田のことやホタルのこと、そして半世紀のホタル祭りについてわかりやすく紹介した雑誌『とよたの』が刊行しました。
ホタル祭り会場や道の駅で販売しています。

価格:500円

←No. 190もご参照ください。

蛍籠作り教室(2017.5.25)
 
第50回豊田のホタル祭りの当日は蛍籠教室を開催します。

・日時:5月27日、6月3日16:00〜(材料がなくなり次第終了)
・内容:蛍籠を実際に作ります。作った蛍籠は持ち帰っていただけます。
・申込み:予約不要(当日先着順)
・参加費:無料

ゲンジボタルが多くではじめました(2017.5.23)
 
 今年は、幼虫の上陸が1週間ほど遅れていたので、成虫の発生も遅れるかと思いましたが、例年と同じ、もしくは例年より少し早く発生しはじめました。初見日は5月13日。
 現在は、粟野川水系と木屋川の支流で日々増加中です。ヘイケボタルも発生しはじめました。


豊田のホタル祭り(2017.5.17)
 
5月27日(土)と6月3日(土)は第50回豊田のホタル祭りがあります。ホタル祭り当日(午後)は、当館の前の道路が通行止めになるため、駐車場が使えません。くれぐれもご注意ください。ホタル祭りの駐車場をご利用ください。

←通行止めの区間など詳しくはこちら
----------------------------------------------
豊田のホタル祭りについての問い合わせ先

豊田のホタル祭り実行委員会
TEL 083-766-1056


タガメが産卵しました(2017.5.13)
 
展示中のタガメが産卵しました。親オスが卵を世話したり、保護したりする様子が観察できます。卵が見れるのは5月23日くらいまでです。



平成29年度の夜間開館について

今年度の夜間開館は下記の通り予定しております。夜間開館は、開館時間を通常17時までのところを、20時(最終入館:19時30分)まで延長(豊田のホタル祭り除く)します。
                
                 記

夜間開館日:5月27日(土)、6月1日(木)〜6月18日(日)

※5月27日(土)と6月3日(土)は「豊田のホタル祭り」のため21時30分(最終入館:20時)まで開館。
※6月5日(月)・12日(月)は休館日ですが、夜間のみ(18時〜20時)開館

平成28年度までは、夜間開館は21時30分までででしたが、今年度から20時まで(ホタル祭り日除く)となります。

豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書第9号(2017.3.31)

豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書第9号が完成しました。


イベントカレンダー(2017.3.8)
 
平成29(2017)年度の体験学習のイベントカレンダーができました。

第13回特別講演会チラシPDF 読み上げできません。
(↑PDF
3.7MB )



豊田ホタルの里ミュージアム
〒750−0441 
山口県下関市豊田町大字中村50-3
電話:083−767−0350 FAX:083-767-0355
E-mail: kittsomu*city.shimonoseki.yamaguchi.jp
※お手数ですが、*印のところに@を入れてください。


【7月の観察会】

ウズムシの観察会
・期日:7月2日(日)
・内容:コウガイビルやプラナリアなどウズムシを観察します。
※終了しました。

-------------------
川魚の観察会
・期日:7月17日(月・祝)
・内容:身近な川魚を採集して、種類の見分け方などを学びます。
※終了しました。

-------------------
昆虫教室(全4回)
・期日:7月26日(水)、7月29日(土) 、 8月4日(金)、8月25日(金)
・内容:さまざまな環境で昆虫を観察、採集して標本を作製します。
※定員に達しました

-------------------
植物の教室(全3回)
・期日:7月27日(木) 、8月3日(木)、 8月24日(木)
・内容:身近に見られる植物を観察、採集し標本を作製します。

-------------------

※2週間前から電話のみで受付します。先着順です。

-------------------
※くわしくは、過去の観察会の報告を参考にしてください。また、イベントカレンダーもご参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《夏季企画展》 
螢の心臓と蟲の心臓

>>期 間:平成29年5月26日(金)〜9月10日(日)
>>内 容:節足動物の心臓について紹介。
企画展の詳細
・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の活動記録
(↑最終更新日:7/13)

刊行物
(↑最終更新日:4/11)
豊田の実物図鑑




イメージキャラクター「ホタルン」
↑当館キャラクターです。名前は「ほたるん」といいます。

当サイト利用について


*写真・文書の無断複写・転写を禁じます。(C)2005 hotaru-museum All rights reserved