はじめに
  山口県からはホタル科Lampyridaeに属する種は10種が報告されています(児玉, 1993; 池田他, 1999; 三好, 1994; 三好・田中, 1988)。しかし、分布状況についてまとまった報告はなく不明な点が多いのが現状です。そこで、このページでは山口県のホタル類の分布を文献・標本・調査・写真等を調査しまとめたものです。 
 

 このページを作成するにあたり,生態写真をお貸しいただいた林 成多博士および福冨孝義氏に対し感謝申し上げます。

           

           分布記録

エダヒゲボタル(クシヒゲボタル)亜科Cyphonocerinae
 エダヒゲボタル(クシヒゲボタル)属 Cyphonocerus
  ムネクリイロボタル Cyphonocerus ruficollis Kiesenwetter, 1879

ムネクリイロボタルの雄成虫      (撮影:福冨孝義氏)

ムネクリイロボタルの生息地
本種は林道や林縁に生息しています。県内全域に分布し、比較的ふつうに見られます。本種と次種は 形態等非常に酷似していますが、前胸背の色の違いなどで区別ができます。

| Up |

  クロクシヒゲボタル Cyphonocerus watarii M. Sato, 1991
クロクシヒゲボタルの雄成虫
クロクシヒゲボタルの生息地
クロクシヒゲボタルは県内では、下関市豊田町の一部でしか生息が確認されていません。なお、本種はこれまでのところ福岡県と山口県でしか見つかっていません。

| Up |

ホタルモドキ(ミナミボタル)亜科 Ototretinae
 ホタルモドキ(ミナミボタル)属 Drilaster
 

カタアカホタルモドキ(カタモンミナミボタル)                 Drilaster axillaries Kiesenwetter, 1979

カタアカホタルモドキの雄成虫(撮影:林 成多氏)
本種はオバボタルと同様な環境に生息していますが、 オバボタルに比べ生息域が狭く、局地的です。ライトトラップで採集できることがあります。

| Up |

ホタル亜科 Luciolinae
 ホタル属 Luciola
 

ゲンジボタル Luciola cruciata Motschulsky, 1854

 
ゲンジボタルの雄成虫
木屋川
  県内全域に分布します。山口県には本種の生息地として 天然記念物指定がなされている河川が2河川あります。

| Up |

 

ヘイケボタルLuciola lateraris Motschulsky, 1874

ヘイケボタルの雌成虫
ヘイケボタルの生息地        (撮影:田阪昌代)
県内全域に分布しますが、生息地が急激に減少しており、 県内のホタルの中でもっとも減少スピードの速い種といえるかもしれません。

| Up |

 

ヒメボタル Luciola parvula Kiesenwetter, 1874

ヒメボタルの雄成虫
ヒメボタルの生息地
山口県内の本種生息地としては山陽小野田市の竜王山が 有名ですが、それ以外にも萩市、下関市豊田町などでも 比較的良好な生息地が残されています。

| Up |

                       

 

*写真・文書の無断複写・転写を禁じます。(C)2005 hotaru-museum All rights reserved